元気の素メチオニンが豊富に含まれています

ルウコラーゲンにはメチオニンが豊富に含まれています。メチオニンはアルコールや脂肪の摂り過ぎから肝機能を守り、花粉症などアレルギーの原因であるヒスタミンの血中濃度を下げたり、血中のコレステロール値をコントロールする働きがあります。さらには糖に変わってエネルギーとなるなど、健康な生活には欠かせない成分です。

タウリンの生成を助け、新陳代謝を活性化します

さらにメチオニンはタウリンの生成を助けます。タウリンは筋肉に多く含まれる成分で、筋肉の収縮力を強化する働きがあります。特に筋肉の塊である心臓に与える影響は大きく、心筋の収縮力が強化されることで収縮1回あたりの送り出される血液量が増大し、心拍数が減少することで心臓の負担が軽減されます。

またタウリンには肝臓の機能を高める働きもあります。胆汁酸の分泌を促すことで血中コレステロール値を下げるので、血液をサラサラにする助けとなります。また肝臓より脂肪を排出して、脂肪肝を予防します。他にもすい臓に働きかけてインスリンの分泌を促すので糖尿病の予防といった効果も期待できます。

タウリンの生成は美容にも効果があります

最近ではタウリンの美容面での効果も注目されています。心臓の機能が強化されることで全身の血液循環が改善され、新陳代謝が活発になることでダイエットやスキンケアが効果的に行える、と言われています。実際にタウリンの摂取量が増大すると体内のエネルギー消費量が増え、体重や体脂肪の増加が抑制されることが報告されています(笠岡宜代ら、国立健康・栄養研究所。タウリンの抗肥満作用メカニズム。2006)。

加えて血流の改善がむくみの解消に、腸のぜん動機能の強化が便秘の解消に、それぞれ効果が期待できます。

実際に試した人の体験談に興味がある方はこちらへ

ルウコラーゲンに含まれる各種成分についてのグラフ